ゼロからはじめるゴルフ講座

グリップとアドレスのポイント

クラブの握りをグリップ、そして構えをアドレスと呼びます。
このグリップとアドレスが正しくできれば、自然とショットも打ちやすくなります。
ただ、初心者の場合にはどうしてもクラブを振ってボールに当てることに集中してしまいがちです。
そのため、グリップとアドレスに意識が向かない人も多いようです。
そこで、正しいゴルフショットのために、まずはグリップとアドレスのポイントをおさえておきましょう。
まずはグリップです。
オススメなのはストロンググリップと呼ばれる方法で、力の弱い女性でも飛距離を出せる握り方です。
まず、左手でグリップを握ります。
このとき、グリップの中央よりも右側に左手の親指がくるように意識してください。
左手の手首は右肩の方へ向いている状態にします。
そして、そのまま右手の中央で左手の親指を包むように握ります。
このとき、右手の小指を左手の人差し指と中指の間に置くようにすると、力が入りやすくなります。
この握りのまま、一度構えてみましょう。
余計な力は必要ありませんので、柔らかい力でグリップを握ってください。
この状態のまま、アドレスに入ります。
両足を肩幅より少し広げ、重心はつま先に、お尻を少し後ろに突き出し、上半身は前に軽く倒します。
膝はピンとのばすのではなく、軽く曲げておくのがポイントです。
これが、アドレスの基本姿勢となります。
最初は少し窮屈に感じるかもしれませんが、何度もショットの練習をしているうちに、自分に合ったアドレスの姿勢が見つかるはずです。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.