ゼロからはじめるゴルフ講座

絶対に守るべき基本のマナー

初心者としてゴルフを始めたばかりのころは、コースでの振る舞いに十分な注意が必要です。
思わぬ行動がマナー違反になってしまうことも多いため、コースへ出る前に、しっかりと基本のマナーを身に付けておきましょう。
絶対に守るべき基本のルールを紹介しておきます。
まず、時間に遅れることは厳禁です。
どんな待ち合わせでも時間に遅れることはマナー違反ですが、ゴルフの場合にはプレーの開始時間が決まっているため、特に注意しなくてはなりません。
プレーを開始する時間の30分程度前にはゴルフ場に到着するようにして、スタート地点には10分前に行っておくのがマナーです。
「10分前行動」などと日常でも言われますが、ゴルフの場合もこの考え方で良いと思います。
ゴルフコースは、同じ時間帯に多くの組が回ることもあります。
そのため、前の組のスタートが遅れてしまえば、そのあとに続く組全ての予定が狂ってしまいます。
また、打つ人の邪魔になる行為は御法度です。
例えば、誰かがショットを打とうとしているときなどに大声で話をするのはマナー違反にあたります。
打ち終わったあとにそのショットを称えるのは問題ありませんが、次の人がショットの準備に入ったら、邪魔をしないようにまた静かにしなくてはなりません。
携帯電話も音が出ないようにしておきましょう。
また、細かなライン読みが必要になる場面では、他のプレイヤーの影が邪魔になることもありますので、立つ位置にも注意が必要です。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.