ゼロからはじめるゴルフ講座

嫌がられる初心者のスロープレー

どうしても、はじめてコースに出たときにはプレーが遅れてしまいます。
これは、仕方のないことであり、ゴルフ経験者なら誰でも実体験していることでしょう。
そのため、プレーがゆっくりになることを必要以上に不安に思うことはありません。
しかし、できるだけスムーズにコースを回ることができるように、気をつけることは大切です。
例えば、自分の打順が回ってきたときに使用するクラブを選びはじめると、ショットまでに多くの時間を費やすことになります。
他の人が打っている間に、次に使用するクラブを決めておくと良いでしょう。
また、ゴルフセットを置いてある場所から、打つ地点が遠いこともあります。
そういった場合、数本のクラブを持って移動しておけば、使用するクラブに迷ったときも取りに戻る時間を節約できます。
コースを回る際にカートを使用するゴルフ場も多いですが、歩いた方が早いと思われるときはカートの使用を控えましょう。
そして、初心者の場合には素振りの回数が増えることも仕方ありませんが、練習場とは違うことを意識して、できるだけ素振りは2回までにおさえることも大切です。
さらに、ホールにボールが入ったときには、その場で他のプレイヤーたちと談笑をしたくなりますが、次の組が控えていますので速やかに移動しなくてはなりません。
この意識さえ持っておけば、初心者であっても堂々とプレーできるはずです。
前の組が遅いからと文句を行ってくる人は少ないかもしれませんが、あとの組に思いやりを持ってプレーすることはとても大切です。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.