ゼロからはじめるゴルフ講座

見落としがちなマナー違反

乱れた服装や大声、スロープレーなどは比較的初心者でも理解しやすいマナー違反ですが、ゴルフでは見落としてしまいがちなマナー違反もたくさんあります。
例えば、ゴルフコースにはグリーンと呼ばれるホールの周囲にあるキレイな芝生の部分があります。
このグリーンの条件が少し変わるだけで、ホールに入れるための球の道筋が大きく変わるため、グリーン上にいるときには非常に注意しなくてはなりません。
ボールをグリーン上のホールに向けて打つとき、そのショットがどういった軌道を描くのかを目測します。
これをパッティングラインなどと呼び、これが上手に読める人はパッティングが上手だということになるでしょう。
このパッティングラインは、あくまでも目で見て予測するものです。
そのため、ラインを読んでいる途中にそのライン上を横切られてしまうと、わからなくなることもあります。
また、少し踏んだだけでも芝の状態が変化し、ラインも変わってしまうため絶対に踏んではいけません。
また、グリーンは芝が傷みやすいため、ジャンプしたり走ったりすることも厳禁です。
静かに歩いて移動するように心がけましょう。
他にも、バンカーでは土手が低くなっている場所から入るといった注意点もあります。
高いところから入ってしまうと、砂が崩れる可能性が高いからです。
そして、バンカーショットでは大きくバンカーに穴を開けてしまったり、自分の足跡が残ったりすることもあります。
砂をならすための器具が周辺に置かれているので、その道具を使用してキレイにならしてから移動するようにしましょう。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.