ゼロからはじめるゴルフ講座

ゴルフ場での服装について

スポーツニュースなどで紹介されているゴルフのトッププレーヤーを見ていると、皆襟付きのトップスを着ています。
近年はかなりファッション性も高くなったゴルフウェアですが、この「襟付き」という点だけはマナーとしてしっかり守られています。
これは、トッププレーヤーたちだけの約束事ではなく、一般のプレイヤーも守らなくてはならないマナーです。
コース上はもちろんですが、クラブハウス内でも襟付きのトップスを着用してください。
汗をかいてシャワーを浴びたらTシャツなどに着替えたくなりますが、ゴルフ場では襟のついたポロシャツなどと着用します。
他にも、ジーンズやジャージはマナー違反となっていますので、注意しなくてはなりません。
動きやすい服装という点ももちろん重要ですが、こういったマナーも意識してウェアを選択しましょう。
また、足元にも注意が必要です。
ヒールの高い靴やサンダルなどはコースを傷めてしまう可能性がありますのでNGです。
また、コースを回ると長距離を歩くこともありますので、歩きやすいスニーカーなどが適しています。
ショットの精度を上げるためには、しっかり踏ん張ることのできるスパイク付きが良いとされています。
ただし、陸上競技用のようなとがったスパイクでは芝生を傷めてしまいますので、ゴムなどの素材を選ぶと良いでしょう。
さらに、熱中症対策などのために、サンバイザーや帽子を着用することも大切です。
こういったマナーを守りつつ、自分なりのゴルフファッションを見つけてみましょう。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.