ゼロからはじめるゴルフ講座

必要なクラブは14本

ここでは、ゴルフを楽しむために必要なクラブについて学んでいきましょう。
ゴルフで必要となるクラブは14本です。
まず、一番飛距離の出るタイプでティーショットに使用するのがドライバーと呼ばれるクラブです。
最初の一打で大きく飛距離を出し、コントロールも正確にできるようになれば、スコアは格段に良くなるでしょう。
そのため、このドライバー選びでは、自分に合ったものを慎重に選ばなくてはなりません。
ボールを打つ部分が金属製のものだけではなく、木製のものもあります。
続いて、次に使用するクラブはフェアウェイウッドと呼ばれるものです。
クラブの特徴によって3番、4番、5番といった種類があり、必要に応じて選択しなくてはなりません。
次に使用するのがグリーンにボールを乗せるときに使うアイアンなのですが、このアイアンとドライバーの飛距離を考え、ちょうど間を埋められるような商品を選ぶと良いでしょう。
アイアンは、グリーンにボールが近づいた状態で使用する、少し繊細なコントロールが求められるクラブです。
1番から9番まであり、番号が大きくなるほど飛距離は短くなっていきます。
そして、最後の詰めにしようするのがパターです。
グリーン上に乗ったボールを、ホールに入れるときに使用します。
また、ボールがバンカーに入ったときなどは、ウェッジというクラブを使用します。
飛距離はそれほど長くないクラブですが、ボールを浮かすといった繊細なショットができます。
こられを組み合わせた14本が、基本的なクラブセットの内容となります。

Copyright (C)2017ゼロからはじめるゴルフ講座.All rights reserved.